コラム

column

土木工事に携わる上で覚悟しておくべきこと

こんにちは!
愛知県一宮市を拠点に、東海三県にて道路工事や土木工事を主に手掛けております、株式会社三宝建築です。
平成19年に創業した弊社では、20年以上この道一本で活躍してきた代表を筆頭に、優秀な現場スタッフたちとともに数々の施工に携わってまいりました。
今回は未経験から土木業界に飛び込む皆様に向けて、土木工事に携わる上で覚悟しておくべきことをお話しいたします。
事前にどのようなことで苦労するのか知っておけば心の準備もできます。
ぜひ参考にご覧くださいね。

外で働く過酷さ

ショベルとスタッフ
土木工事は外で行うものなので、夏の暑さや冬の寒さなど、過酷な状況で業務に臨まなければならないことも、当然ながらあります。
今まで屋内での業務に携わっていた方からすると、慣れるまでは毎日辛いでしょうし「これほどまでに大変だったのか……」と、衝撃を受けるかもしれません。
しかし外での業務にも、自然と身体が慣れてくるものです。
会社も過酷な状況下で無理をさせるようなことはしませんし、基本的にはしっかりと休憩をとれる環境ですので、身体を休めながら業務に臨んでくださいね。

不注意が事故につながること

土木工事に携わるのであれば、事故に巻き込まれたり、怪我をしたりする恐れがあることも、ある程度覚悟しておかなければなりません。
とはいえ事故に巻き込まれるのが当然と思うわけではなく、事故を起こさないため、怪我をしないために安全確認を徹底するという気持ちが一番大切です。
土木工事は不注意や確認不足が大きな事故につながることもあるため、どのようなときでも確認を怠らないように、一人一人が意識していきましょう。

土木スタッフ採用中!ご応募はWebから

ペンと絵の履歴書
以上、土木工事に携わる上で覚悟しておくべきことをお伝えいたしました。
土木の仕事は確かに大変な側面もありますが、毎日働いていれば自然と身体も慣れていきますし、安全確認を怠らなければ特に怪我を負うこともなく続けられます。
ただいま弊社でも土木スタッフの求人を行っておりますので、土木業界にもし興味がございましたら、ぜひ採用情報ページよりご応募ください。
普通自動車免許をお持ちの18歳以上の方でしたら歓迎いたします。
高校を卒業したばかりの方や、転職を考えている若い世代の方もお待ちしております!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。