コラム

column

舗装工事に欠かせない!重機はどんな風に扱うの?

こんにちは、株式会社三宝建築です!
弊社は愛知県一宮市に拠点を構え、愛知県稲沢市や東海三県で舗装工事を行っている業者です。
今回は、舗装工事現場で役に立つ重機の種類や扱い方についてご紹介します。
舗装工事とはどんな工事なのか、どんな重機が必要なのか、どんな手順で作業するのかなどについてお話します。
舗装工事に関心のある方は、是非最後までご覧ください!

舗装工事に使われる重機の種類は?

舗装工事の重機
舗装工事とは、道路などの地盤面下を数層にわたり固めて、自動車の重さに耐えられるだけの耐力を付加する工事です。
表面にアスファルトやコンクリートを敷き固め、施工後は人や自動車が安全かつスムーズに通行できるようになります。
舗装工事にはいくつかの工程があり、工程ごとにブルドーザーなどのさまざまな重機が活躍しています。
続いて、主要な重機の種類と役割をご紹介しましょう。

舗装工事に使われる代表的な重機

ブルドーザー

ブルドーザーとは、土砂を起こしたり運搬したり、また地面をならしたりなど、整地作業で使用する重機です。
前側に付いたブレードと呼ばれる排土板で、土砂を一気に押し出し整地作業を行います。

モーターグレーダー

モーターグレーダーとは、道路工事などで、道路をまっすぐ平らにする際に使われる重機です。
前側にはアームが付いており、このアームを操作しブレードと呼ばれる部分を動かして、土を削りつつ整地していきます。

ロードローラー

ロードローラーとは、道路工事を行った地面を踏み固めるための重機です。
重い車体で地面に圧力をかけつつ、アスファルト舗装などを締め固めるのに使用されます。

重機を扱う際の注意点

舗装工事現場では、さまざまな重機が同時並行で作業を行っています。
そのため、重機を扱う際には注意が必要です。
事前の重機の点検や整備は欠かせませんし、もし異常があれば速やかに修理や交換を行わなければなりません。
また、作業中にも重機の動作や音に注意する必要があり、異常が発生した場合はすぐに作業を中止するべきでしょう。

あなたも舗装工事スタッフを目指しませんか?

キーボードを打つ
弊社では、現在舗装工事作業員の求人募集を行っています。
入社後は舗装工事現場作業員として、道路や敷地の舗装工事に携わっていただきます。
重機の操作経験や資格があれば尚可ですが、そうでない場合もご応募可能ですのでご安心ください。
建設業界での経験を活かしたい方、土木作業員の仕事や舗装工事に興味がある方は、是非ご応募ください。
最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。







舗装工事・土木工事なら愛知県一宮市の『株式会社三宝建築』へ|求人
株式会社三宝建築
〒491-0837 愛知県一宮市多加木5-3-14
TEL/FAX:0586-72-1003