コラム

column

転職者向けにご紹介!アスファルト舗装の現場作業員の一日

皆様こんにちは、株式会社三宝建築です。
弊社は愛知県一宮市を拠点に、稲沢市など東海三県で舗装工事を行っている建設業者です。
今回は、私たちの仕事内容や魅力について、転職を検討中の方に向けてご紹介します。
是非最後までご覧ください!

アスファルト舗装工事って何をするの?

舗装された道路
アスファルト舗装工事とは、道路などの地面にアスファルトという黒い素材を敷き詰め、平らにしていく工事です。
アスファルトは、石油から作られた黒い液体と、砂や砂利などの骨材と呼ばれる固体を混ぜ合わせたものを指します。
掘削と呼ばれる地面を掘り起こす作業をしたり、土台を作った地面にアスファルトを敷き詰め締め固めたりするのが、アスファルト舗装工事の主な内容です。
舗装工事では、重機や機械を使って行う場合も多いですが、手作業も必要な場合もあります。
細かい部分や隅々までアスファルトを敷き詰めるためには、人の手による細やかな作業が必要なのです。

アスファルト舗装現場作業員の一日の流れ

では次に、実際に舗装現場作業員がどのような一日を過ごしているか、ご紹介しましょう。
あくまで一つの例のため、目安として参考にしてみてください。
まずは出社し、現場に向かう前に段取り確認や安全確認などを行います。
現場に到着した後は、使用する工具などの前準備を行い、作業開始です。
作業中は脱水症状を防ぐため、適宜水分補給や体調チェックを行います。
昼休憩をはさんだ後は、再び作業開始です。
作業終了後は、現場の片付けや清掃を行います。
また、必要があれば報告書作成や翌日の準備を行い、その日の業務は終了です。
アスファルト舗装工事では体を動かす作業が続くため、体力と持久力が重要な仕事と言えます。

やりがいを感じたいなら現場作業員がおすすめ

アスファルト舗装工事は、やりがいの大きな仕事です。
自分たちの手で道路や駐車場などを作り上げ、仕事の成果が目に見えて分かるという点も、やりがいの一つでしょう。
また、経験を積めばしっかりとキャリアアップを目指せるのも、アスファルト舗装工事の仕事の魅力です。

舗装工事スタッフ・土木作業員を求人募集中!

椅子
弊社では、現在新たな舗装工事スタッフ・土木作業員を求人募集中です。
建設業経験を活かしたい方、舗装工事に興味がある方、体力に自信がある方は、是非ともご応募ください!
あなたと共に働けることを、スタッフ一同心よりお待ちしております。
最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。







舗装工事・土木工事なら愛知県一宮市の『株式会社三宝建築』へ|求人
株式会社三宝建築
〒491-0837 愛知県一宮市多加木5-3-14
TEL/FAX:0586-72-1003