コラム

column

今だからこそ考える!土木作業員の将来性

こんにちは!
愛知県一宮市を拠点に、東海三県にて道路工事や土木工事を主に手掛けております、株式会社三宝建築です。
平成19年に創業した弊社では、20年以上この道一本で活躍してきた代表を筆頭に、優秀な現場スタッフたちとともに数々の施工に携わってまいりました。
「土木作業員にこれから転職できたとしても、将来性の面で心配はないだろうか……」と、不安を抱いている方はいませんか?
今回は土木作業員の将来性というテーマでお話しいたします。
転職を躊躇っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

今後も必要とされる仕事なのか?

工事現場とショベルカー
土木作業員の将来性は、今後も必要とされる仕事なのかどうかが鍵になってきます。
土木工事は新たに道路を新設したりトンネルをつくったりするだけでなく、メンテナンスや復旧という面でも必要とされます。
一度つくった高速道路も一定年数ごとにメンテナンスを行う必要があるため、土木作業員たちの仕事はそう簡単にはなくなりません。
また、AIが人間に変わってすぐに行える仕事でもないことから、将来性という点では十分安心していただけるでしょう。

景気に左右される心配はないか?

どれだけ需要のある仕事だとしても、不景気に煽られて仕事がなくなる可能性も考えてしまいますよね。
しかし、ご安心ください。
土木業界はあまり景気に左右されません。
不景気だからといってメンテナンスを怠ると人命にかかわってきますし、公共工事などもあるので突然全ての仕事がなくなるようなこともないです。
一旦土木工事業者に転職をして技術を磨いたら、それなりの収入は確保していけます。

未経験・経験者ともに採用中!

JOBの文字と虫眼鏡
土木作業員の将来性についてお話しいたしましたが、転職に関する不安を少しでも払拭できたでしょうか。
ただいま弊社でも土木作業員を募集しており、経験者の方は特に条件面で優遇いたします。
未経験の方にも丁寧に指導いたしますし、いずれは土木関係の難関資格も取得できるように会社がサポートいたします。
ぜひお気軽にご応募ください!
フレンドリーな会社ですので、安心してお越しくださいね。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。