コラム

column

知っていますか?舗装工事の構造と役割 

こんにちは!
愛知県一宮市を拠点とし、道路工事や土木工事を手掛けております、株式会社三宝建築です。
東海三県を中心に、公共物の舗装工事を行っております。
土木業界に20年以上携わってきた代表を筆頭に、高い技術を有するベテランスタッフたちが数多く在籍しております。
日々の暮らし、流通や経済の発展にとって道路は必要不可欠な存在です。
一方で道路は作って終わりではなく、その後も定期的に修繕を行う必要があります。
安全で使いやすい道路環境の構築は、ぜひ弊社にお任せください。
今回は、舗装工事の構造と役割についてご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

道路の舗装工事の構造と役割

FAQキューブ?
舗装の断面構成は、表層、基層、路盤、路床から成り立ち、それぞれに役割があります

表層

表層は、舗装の最上部に位置しており、交通荷重を分散してから下層に伝えるという役割があります。
また、水密性の高い混合物を使用して、雨水の浸透を防止します。
表層面を平坦で滑りにくくして、路面の安全性や機能性、景観を維持する役目もあります。

基層

基層は表層の下にあり、表層から伝わる交通荷重をさらにその下にある路盤に分散して伝えます。
なお、舗装全体の厚さが薄い場合、基層を設けないケースもあります。

路盤

路盤は、基層の下にあり、路盤面に対する荷重を均一に路床に伝える機能があります。
上層路盤と下層路盤に分類され、道路の交通荷重を分散させて路床にかかる負荷を小さくするクッションの役割を担っています。

路床

路床は、道路の最下層部にあり、約1mの厚さがあります。
道路全体にかかる荷重を受け止める、重要な役割を担っている層です。

土木工事の現場で一緒に働きませんか?

NEWJOBカード
三宝建築は、愛知県一宮市に事務所を構えている、スキルアップできる環境と福利厚生を整えている土木工事業者です。
弊社では、一緒に切磋琢磨しながら土木工事の現場で働いてくださる作業員を、求人募集しております。
社内はいつも和気あいあいとした雰囲気で、未経験でもなじみやすい環境づくりに取り組んでいます。
未経験の方でも、運転免許証(AT限定可)をお持ちでしたら、あとは元気とやる気があれば、国籍や性別は問わずに大歓迎しております。
もちろん、資格をお持ちの方、経験のある方は、能力をしっかりと評価いたしますので、持ち前のスキルを活かしてご活躍いただければと思います。
土木の求人をお探しでしたらぜひご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。







舗装工事・土木工事なら愛知県一宮市の『株式会社三宝建築』へ|求人
株式会社三宝建築
〒491-0837 愛知県一宮市多加木5-3-14
TEL/FAX:0586-72-1003